1000冊の記憶

1000冊以上本を読むともう内容が曖昧になってくるのでちゃんと感想を残します http://booklog.jp/users/f_t812

司馬遼太郎「王城の護衛者」を読んだ

 会津藩藩主松平容保の伝記を中心とした短編集.学校の教科書では描かれていない会津藩主の家柄や幕末京都守護職を受け入れるまでの松平春獄一橋慶喜との問答・葛藤が面白い.政治謀略や謀を得意とした長州藩薩摩藩と比して会津藩及び容保はその方面に置いては全く幼稚で何もできないどころか知りさえもしない人物になっていた.
 その他は大村益次郎河井継之助,人斬り以蔵の話だったのでこれはこの本に収録されている短編を読むよりはそれぞれの「花神」「峠」を読んだ方が良いと思う.

司馬遼太郎「北斗の人 下」を読んだ

 江戸後期に千葉道場を開いた千葉周作の伝記.奥州に生まれた周作が剣のみでいかにその流派を完成させ,江戸に大道場を開いたかが司馬先生の手で小説の様に語られている.
 江戸時代の道場が今でいうサービス・商品と非常に類似点が多いことがよくわかる.繁栄していくためには人を集めなければならないこと,人を集めるためには宣伝をしなければいけないこと.剣は身につけるものであるがためにその宣伝文句がひどく曖昧で神秘的なものになっている点,稽古の仕方が合理的なものではなく伝統的なものになってしまっている点などは今の大企業に通じるところがあると思う.ただ一点異なっているのは復讐だろう.今のご時世競争に敗れれば会社が潰れるだけだが,この時代は負けた時に大いに言い訳をして,勝者を闇討ちしてしまう物騒さがあった.  なのでこの小説は江戸時代の物語としてだけではなく,現代の個人の成功物語としても通じるものがあった.特に一個人が江戸で大道場を開くに至る経緯などはGoogleAmazonFacebookの成功物語に非常に近いものを感じた.そしてその成功の過程でただ他流派よりもちょっと優れていただけではなく圧倒的な勝ちを納めていったところに共通点がある様に思われた(いわゆる司馬史観なのかもしれないが).
 ただ現代の大企業の創業者の伝記の様に成功までの物語が仔細に描画されている訳ではないので願わくば周作が強くなっていく過程をもう少し詳細に知りたい読後感に襲われた.

「看護婦が見つめた人間が死ぬということ」を読んだ

いくつもの死を見てきた看護婦がその実例を文章にする中で,自身が死というものをどう捉えているかが描かれている,とても考えさせられる一冊だった.
看護婦が見つめた死なので一例を除いては病気でなくなった人たちの実例で構成されてはいるものの,病気や症状だけではなく患者の周りの人間模様まで描写されていた.周りの人間の描写では特に冷淡な人間関係を描いたものが多く,自分はこうはならないだろうとは思うものの,一種介護疲れや疲労が溜まった時,余裕がなくなった時には身内である患者に対しても辛い行動・言動を取ってしまうのではないかと不安を感じざるを得なかった.本の中で描かれていたことではあるが,日々なるべく後悔の内容に過ごすということが難しいがいざという時には大事になるものだと思わされた.
そんな話とは対照的にたった一例だけ,老衰による死の一例があり,こちらは他とは全く逆の色彩を放っていた.もはや患者とは呼べないのかもしれないが,九十五歳を数える女性が3日起きて3日寝ている状態から徐々に呼吸が弱くなっていきついに亡くなった時,そばにいた娘の抱いた感情と筆者が達した死というものへの境地,ここだけでも一見の価値がある作品だと思った.
この本を読んで思い出したのは,確か森博嗣先生の作品,S&Mシリーズに出てくる真賀田四季博士か百年シリーズに出てくるデボウ・スホのセリフだったと思うが,「死を恐れている人はいません,死に至る生を恐れているのよ.」を思い出した.きっとこの本の作者も同じ境地に至ったのだと思う.死そのものは怖くない,死と隣り合わせの生が怖いだけなんだろう.

司馬遼太郎「北斗の人 上」を読んだ

あの坂本龍馬も通ったという北辰一刀流の始祖千葉周作の半生を描いた物語.同じ司馬作品「竜馬が行く」をでは脇役でしかなかった北辰一刀流の始まりが主役.これを知れば「竜馬が行く」の味わいもまた変わってくると思う.

万物は流れの中にあって人間という存在も常に流転していく物質の淀みにすぎない.福岡伸一先生の「動的平衡」シリーズで得た自分なりの”人間とは何か”に対する答えのようなものだが,この司馬先生の本で描かれる千葉周作からも同じものを感じる.これだけでも千葉道場に奥行きが出てくる. 構え・眼・動きは三位一体のものであり,別々に考えるようなものではない.これは生命を分けてもわからないという動的平衡の考えに通じるものがあった.

剣というものが日本文化に息づいてきて,宮本武蔵,伊藤一刀斎などの剣豪・流派が出来てきた中で,新たな流派を産み,大きくして行く過程での人間の気構え・運・必要な要素などが鮮明に描かれている.これは現代だからこそ知っておくべき教養としての内容を含んでいると思う.今特にIT系の分野では東京大学をはじめとしてベンチャー企業が多く産声をあげる様になっている.一方でシャープの一部再上場の代表される様に依然として古参の大企業も健在な世の中で,会社としてその存在感を大きくして存在を明確なものたらしめるのに何が必要なのかを教示してくれる教科書になる存在だろう.

福岡伸一「動的平衡3」

  • 選書の理由
     福岡先生のこのシリーズは読まずにはいられない.また研究や普段の仕事にやる気を出してくれて,センス・オブ・ワンダーの気持ちが盛り上がってくることを期待して読み始める.
  • 書評
     一気に読み終えた.最初に「動的平衡」シリーズと出会った時と比べるとこの本の印象がずいぶん変わったように感じる.自分が「動的平衡」の第1巻を最初に見たのは大阪・梅田駅にある紀伊国屋書店だったと記憶している.その時の印象はタイトル・表紙は惹かれるものがあるけど小難しそうだな,というあまり良いものではなかった.今思うとその頃の自分が懐かしくも感じるが,今回「動的平衡」シリーズ第3巻を読み終えてみると,あの頃の直感とは全く違って福岡先生の思いやエッセイが描かれたとても血の通った本だと思えるようになっていた.  思い違いもあるかもしれないが,シリーズの最初の頃はもっと生命とは何か,生物学とは,細胞とは,そして動的平衡とは何かについての解説書のようなものだったと思う.それが今回第3巻になるに当たってもはや科学の本なのかと疑いたくなるような内容になっている.それはそれで面白いし,特にスティーブ・ジョブズの下りなどは最高だったが,もっと科学・科学した内容も読んでみたい気がしないでもない.  
  • メモ
     福岡先生が書くファーブルの話はとても好きだ.世界は部分ではない.全てが連関して成り立っている.時間を止めて,部分だけ切り出してものを詳細に観測してもそこに見えているものはかつて活きていたものの幻にすぎない.

福岡伸一「生命の逆襲」

  • 選書の理由
     福岡先生の本を手に入り続けるか,飽きるまで読んでみる最中.研究や仕事で苦労したり悩んだりして,それでも努力を続けている人の話は活力とやる気をくれる.この本からもそんな気力をもらえたら儲けもの.
  • 書評
     福岡先生が日々感じていることを連ねているエッセイ集だった.福岡先生の本を読むと普段あまり意識していないことでも言われてみると不思議だとと思わせてくれることが多い.著書の中ではセンス・オブ・ワンダーと表現されいてるが,この感覚は失いたくないどころか日々磨き続けていきたいとさえ思う.
  • メモ
     どの本だったか忘れたが,確か福岡先生の本を読んだ時に遺伝子の突然変異で自然淘汰を勝ち残ったというには今の生命はあまりに複雑すぎるというような内容があった気がするけど,今回の本でそういえばと思わされる記述に出会った.世界の複雑怪奇な料理の数々はどうやって生まれたんだろう.長い月日を要する発酵とか,ワインとか梅干しとか,半分腐ったような納豆とか,お酒とか,どうやったらその調理法にたどり着いたんだろう.少しずつ会得していったとは到底思えない.

ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史 上」

  • 選書理由
     読書芸人で紹介されていて読んだことない分野だったので購入してみた.
  • 書評
     ホモ・サピエンス発生の話から最後は近代の帝国の話まで非常に幅広いというか時系列的に長い話がまとめられていた.最初のホモ・サピエンスネアンデルタール人などの他の人類種を倒して唯一の人類として残っていく過程に,虚構が生み出されたという話は非常に面白かった.が,日本人としては今日は民族として共通言語となりうる明確な宗教を持っていないため,今ひとつ説得力に欠ける部分ではあった.もし著者が日本生まれだったらこの発想には至らなかったのではないかと想像できる.
     人類は帝国に支配されていた期間が長かったという話も今更ながらに気づかされてハッとした内容だった.今の世界中の文化がこれまでに存在した帝国の残骸のようなものであり,もともと存在していた無数の文化がすでに跡形もなく消滅しているというのは,多様性が生存戦略の一つになっている生き物のセオリーとは反対の方向を向いており,要因とそこから起こる未来について考えさせられるものがあった.
     作中で帝国はその欲望が収まるところを知らず,故に他国を飲み込んで大きくなったという描写があったが,これは現代でも同じことだと思われた.ただ現代は実際の領土や人間をその支配下に置く必要がなく,ネット上での情報・金・市場の独占をしたものが支配者になっているだけで,国や民族ではなく今や企業が帝国になっている.それ故に人の血が流れる必要がなく,全てヴァーチャルな世界で閉じてしまっているので,人々に気づかれにくく,それ故に大規模な独占という名の奴隷化が怒っても誰も文句を言われないのが実情だと思われた.そう捉えられた時,今人類は幾多の戦争を経て,賢くなった故に血を流すことが減ったのではなく,その必要がなくなっただけで,これからもしまた生身の人間や土地・空間などリアルな世界での価値が高まれば平気で戦争を始めるのではないかと思った.人類は本当に進化しているのだろうか.もしかしたら帝国が多種多様にあった民族・文化を少数にしてしまった時から進化の袋小路に迷い込んでしまっているのかもしれない.
  • メモ
     サピエンスが他の人類を一掃してしまったのに脳の発達,虚構,物語を産み出したことを理由としてあげているのはとても面白い.一点気になったのは集団をまとめるにあたっては共通の物語が必要でそれが宗教だったと主張している点で,日本人からするとすんなりは納得できない.おそらく日本人には他の国の人とは違う共通の物語(天皇とか)があるのだとは思うが,宗教しかないという決めつけた描写は著者の視野の狭さが露呈するものだった.