1000冊の記憶

1000冊以上本を読むともう内容が曖昧になってくるのでちゃんと感想を残します http://booklog.jp/users/f_t812

伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」を読んだ

久しぶりの新刊. 最初の方は村上春樹作品かと思うような始まり方で面白かった.日常描写では昨今の炎上やそれに疎い老害のネタなどが出てきて辟易するが,案外物語の展開が早く早期円満解決してしまうため特に苦にならなかった.
メモ:メタ認知と精神的ストレスの関係性について感じるものがあった.自分を客観的に観測する,もしくはストレスの原因の先の未来を想像すると気が楽になる.前半のどこかを読んでそう感じた.
 全体的には分かりやすいハッピーエンド物だった.もう少し重厚な感じの小説が読みたいなと思った.

東野圭吾「希望の糸」を読んだ

久しぶりの新刊,加賀恭一郎シリーズ.加賀の従兄弟の松宮の出生に関わるお話.最近の傾向とは違って科学的な内容ではなくて複雑な親子のあり方を考えさせられる作品だった.読んでいて考えさせられるというよりも涙がでてくる感じだった. もうちょっと東野圭吾のシリーズは種類が多くて巻数も多いからすっかり忘れてしまっている肝心の加賀恭一郎の親子の関係を最初から読み直したいなと思った.

森博嗣「それでもデミアンは一人なのか?」を読んだ

 WWシリーズと銘打たれた第1巻です.ネタバレは書きませんがWシリーズの11巻と捉えても差し支えないです.
 最近の森先生の本には珍しいなと感じる最後の最後でどんでん返しというか物語が急展開しました.久しぶりにタイトル,そういう意味だったのかと思わせてくれる作品です.  そしていつも通り最後の数ページが恋愛小説のようになっていました.ここが毎回楽しみなんですよね.早く次の卷でないかな.

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%87%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%81%AF%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B-Still-Demian-Brain-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC/dp/4065145376/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%87%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%81%AF%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B&qid=1562422097&s=gateway&sr=8-1

木村盛武「慟哭の谷」を読んだ

ニュースアプリで偶然目にしたので購入. 最初はフィクションかとも思ったが現実に起こった出来事とのことで凄まじさを感じた.正直ここまでヒグマに対して無力なものなのかとも思うがこれこそが事実は小説よりも奇なりということなんだろうなと思った.おそらく体験してみなければ真実は想像しようもない典型例なのだと思う. これまでの見聞や印象として動物は火を持っていれば近寄ってこないというなんとなくの感覚はヒグマに関しては違っているということがよくわかった.また状況によってはいわゆる死んだふりも有効な場合があることが体験談を通して克明に刻まれていた.ヒグマって怖いんだなぁ...

五木寛之「旅立つあなたへ」を読んだ

書店でなんとなく目についたので購入. 読んでいて共感できる部分が多い本だった反面,ハッとさせられる文章も随所に見られた. めったに出会えないけどたま〜に巡り会う落ち込んだ時とか不安を抱えた時に読みたい本の一つだと思った.

菅野仁「友だち幻想」を読んだ

一万円選書,最後の一冊.最初数ページ読んであまり読む気のしない本だなと思ったけど京都学会参加のおりに新幹線内で読了.全体的に旧態依然とした考え方を押し付けるな,苦手な人間とは距離を取れといった内容でとくに得られるものはなかった.こういう考え方をするのもまぁありなんだろうなと思った程度.

五木寛之「人生の目的」を読んだ

書店で目についたので買ってみた.導入部分は面白かったものの最後は宗教論にまでなって,なにが言いたいのかとっ散らかってた.ただ「歎異抄」は読んでみたいと思ったし,法然親鸞についてはもうちょっと知りたいとも思った.